■注意■

当ブログは、こちらに引越しました:

http://amzn1.blog102.fc2.com/

みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|- | - | - |
←prev entry Top next entry→
「夜のピクニック」(恩田陸)レビュー
本書で楽しむべきポイントは、「歩行祭」というイベント、そして、友情・恋愛・血縁関係などの人間関係のドラマの2点だと思います。双方のバランスがとれていて読者を飽きさせないところが、名作と言われる所以だと思います。ただ、残念ながら、後者の人間関係の面はあまり楽しめませんでした。会話の内容があまりにも空疎で、登場人物の程度が低すぎるのです。進学校とはいえまだ高校生なのだから、せいぜいこの程度が現実的なのかもしれないのは十分承知していますが、それでも、もっと読者の知的好奇心を刺激させてほしいものでした。これでは、ノスタルジーも感じることができません。

ただ、「歩行祭」というイベントには感銘を受けました。本書は、その風情が上手く描かれていたと思います。高校生の頃に、このように苦痛を伴いながらも、一生忘れられないほど強烈に印象に残る経験をすることは、価値があるだろうし、自分の高校にもこんな行事があったらよかったのに…、と思うのでした。もっとも、もし自分がこの高校の生徒だったら、こんなイベントは面倒くさくてさぼってたかもしれませんが。
→ Amazonで詳しく見る

※関連商品:映画版 DVD「夜のピクニック」


|恩田陸 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト


|- | - | - |
Comment
Name:
Web URL(省略可):
Comments:
Trackback
Trackback URL: トラックバック機能は終了しました。

※当記事へのリンクのあるトラックバックのみ受け付けております。
2007/09/07 9:16 PM posted by: Freeway Walker
七夕まつりの夜、新入社員と有志で歩いた。 夜の7時から朝の5時まで、30kmを10時間かけて。 この催しを、人は「ムーンライトウォーク」と呼ぶ。
2007/09/08 8:05 AM posted by: booklines.net
八十キロの道のりを一昼夜かけて歩く「歩行祭」の間に、貴子は親友にも隠している秘密についての小さな賭けをすることにした。 賭けに勝てるかどうかわからないが、転校した親友のひとりが悩みが解決するようおまじ...
2007/09/19 4:14 PM posted by: 本を読もう?U
高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通す...