■注意■

当ブログは、こちらに引越しました:

http://amzn1.blog102.fc2.com/

みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|- | - | - |
←prev entry Top next entry→
「容疑者Xの献身」(東野圭吾)レビュー
評価:
東野 圭吾
文藝春秋
¥ 1,680
(2005-08-25)
Amazonランキング: 217位
「このミステリーがすごい!」1位(2005年)、直木賞をはじめ、数々のタイトルを獲った作品ということで、期待しながら読み始めました。また、期待を裏切らない素晴らしい作品でした。犯行のトリックから細部の描写に至るまで、数学者である主人公の個性と思想が強く反映されていて、特に理系の人には楽しく読めます。しかし、何よりも、この小説そのものが、全体として冗長な部分がなく、全ての記述が存在理由を持ち、ストーリーの展開にも論理性があって、まさに作品自体が一つの数学の定理の複雑な証明のようでした。

ただ、読後感としては、どこかすっきりしない印象も残りました。例えば、トリックは、よくできているのですが、ミステリーを読み慣れている人なら、途中でトリックの大体の方向性は予想できるかと思います。また、泣ける話でもあるのですが、犯行の動機については、そんな人が本当にいるのか?という釈然としない思いも残ります。人物の背景の説明が少ないため、登場人物への感情移入の度合いが弱かったからかもしれませんが…。さらに贅沢を言えば、ラストの部分にもっとボリュームがあれば、もっと感動的だったかも、とも思います。
→ Amazonで詳しく見る


|東野圭吾 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト


|- | - | - |
Comment
2007/05/04 9:09 PM posted by: miyukichi
 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。 
 こちらからもTBさせていただきました。

>作品自体が一つの数学の定理の
 複雑な証明のようでした

 まさにそんな感じでしたね。
 読み終わって少し時間が経ってみて、
 あらためてその構成力にうならされました。
 多少突っ込みどころはなくもないですが、
 やっぱりさすがですね、東野さん。
2007/05/04 9:58 PM posted by: 管理人
miyukichiさん、コメントありがとうございます。おっしゃるとおり、本作品の構成の緻密さは、読後に振り返って堪能できるものでしたね。今後ともよろしくお願いいたします。
2007/05/26 11:57 PM posted by: ミラー
すいません、以前トラックバックしてもらったミラーと申します。

どうもありがとうございました!m(_ _)m

トラックバックっていうのがちょっとまだ分かってないのですが、今度必ずトラックバックさせて頂きます!

『容疑者xの献身』は非常に面白かったです。作品の完成度も結構高いと思いますが、何より石神の純愛が非常に感動しました。
2007/05/27 12:29 AM posted by: 管理人
ミラーさん、コメントありがとうございます。おっしゃるとおり、東野氏の作品は、本書に代表されるように、精緻さと情緒を両立させているところが素晴らしいですね。
Name:
Web URL(省略可):
Comments:
Trackback
Trackback URL: http://amzn.jugem.jp/trackback/95

※当記事へのリンクのあるトラックバックのみ受け付けております。
2007/05/04 9:06 PM posted by: miyukichin’mu*me*mo*
 東野圭吾:著 『容疑者Xの献身』  容疑者Xの献身文藝春秋このアイテムの詳細を見る   『白夜行』『幻夜』の読後感が好きじゃなかったこともあって、  なんとなくしばらく遠ざかっていた東野さんですが、  2005年下半期の直木賞受賞作ってことで、  読んでみま