■注意■

当ブログは、こちらに引越しました:

http://amzn1.blog102.fc2.com/

みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|- | - | - |
←prev entry Top next entry→
「人名の世界地図」(21世紀研究会)レビュー
人名の世界地図

人名の世界地図

(21世紀研究会)文芸春秋 ¥819

★★★☆☆ 

日本人の人名に関しては、その苗字や名前の由来に興味があっても、外国人の名前には関心がないという人が多いのではないでしょうか。しかし、外国人の人名のほうが、歴史的背景が複雑であるということは、少し考えれば分かることでしょう。本書は、世界各地(欧米、イスラム圏、中国・朝鮮半島、アフリカなど)の人名について、その意味・由来・伝説について幅広く説明されています。

名前には、宗教や職業など、さまざまな意味がこめられていることが分かってとても興味深いです。また、例えば、John, Jean, Juan, Johann, Ivanなど、異なる国での響きの似た名前の多くが、共通の語源を持つことも意外でした。多くの名前の事例が整理されて掲載されているので、データベースとしても使えます。
→ Amazonで詳しく見る


|歴史・地理 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト


|- | - | - |
Comment
Name:
Web URL(省略可):
Comments:
Trackback
Trackback URL: http://amzn.jugem.jp/trackback/50

※当記事へのリンクのあるトラックバックのみ受け付けております。
2009/08/28 10:34 PM posted by: 月のブログ
人名の世界地図 (文春新書)21世紀研究会 by G-Tools 世界中の名前の由来や関連を紹介。 例えば、 ピーター、ピョートル ジョン、ヨハン、ヤ...