■注意■

当ブログは、こちらに引越しました:

http://amzn1.blog102.fc2.com/

みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|- | - | - |
←prev entry Top next entry→
「嵐が丘」(エミリー・ブロンテ)レビュー
嵐が丘

嵐が丘

(エミリー・ブロンテ) 新潮社 ¥740

★★★★

女性に人気がある古典恋愛小説ですが、正直言ってあまり感情移入できなかったですね。ただ、登場人物の人間関係の設定が面白く、またヒースクリフをはじめとした登場人物の異様なまでにひねくれた行動や態度に興味を惹かれました。恋愛小説というより、人間ドラマとして楽しめたような気がします。最後、ややハッピーエンド的な展開になるのは微笑ましかったですね。

本書(鴻巣友季子の訳)は、他の翻訳を読んだことがないので比較できませんが、やや冒頭付近では読みにくさがあるものの、次第に慣れてくるし、訳者が後書きで述べているような工夫と熱意のようなものが感じられたので、訳としては良かったのではないかと思います。
◆こんな人におすすめ … ドロドロした愛憎劇が好きな人。
◆効用 … 人間の本性は、どこの国もいつの時代も醜いものだということが分かる。
→ Amazonで詳しく見る

※関連商品 … 原書: 「Wuthering Heights」,映画版: DVD「嵐が丘」


|エミリー・ブロンテ | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


|- | - | - |
Comment
2006/09/03 10:33 AM posted by: 瀬川未久
トラバを有難うございました!
確かに、人間ドラマとしては面白い作品かもしれないですね。
でも、やっぱり感情移入はできなかったです。

たくさんの書評があってすごいですね〜♪
また遊びにきますvv
2007/04/13 12:43 AM posted by: 管理人
瀬川未久さん、コメントありがとうございます。本書は、読み終わって2年以上経った今となっては、ストーリーをほとんど覚えていません。感情移入できなかったせいでしょうか・・・。また遊びに来てください。今後ともよろしくお願いいたします。
Name:
Web URL(省略可):
Comments:
Trackback
Trackback URL: http://amzn.jugem.jp/trackback/23

※当記事へのリンクのあるトラックバックのみ受け付けております。