■注意■

当ブログは、こちらに引越しました:

http://amzn1.blog102.fc2.com/

みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|- | - | - |
←prev entry Top next entry→
「十角館の殺人」(綾辻行人)レビュー
大学のミステリ研究会の学生が大勢出てきて、互いに妙なニックネームで呼び合いながら、子供じみた会話をしているという状況が多かったため、中盤あたりまではあまり面白いと思いませんでした。というか、島にいるメンバーの中で誰が一番怪しいか、という点については、途中からほぼ読めていました。あとはもう、終盤に驚きのどんでん返しがあるということだけが楽しみでした。そして、あの衝撃の一行が待っていました。全く予期せぬタイミングだったため、意表をつかれました。鮮やかでした。

しかし、この小説は、つまるところ、あの一行で読者を驚かせるためだけに、全ての人物が配置され、全てのストーリーが準備され、そしてあの一行の後は単なる後始末の説明をしただけなのでは、とも思いました。あれだけの長さの小説なのだから、さらに一波乱あったらよかったのに・・・。
→ Amazonで詳しく見る


|綾辻行人 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


|- | - | - |
Comment
Name:
Web URL(省略可):
Comments:
Trackback
Trackback URL: http://amzn.jugem.jp/trackback/111

※当記事へのリンクのあるトラックバックのみ受け付けております。