■注意■

当ブログは、こちらに引越しました:

http://amzn1.blog102.fc2.com/

みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|- | - | - |
←prev entry Top next entry→
「7つの習慣」(スティーブン・R.コヴィー)レビュー
7つの習慣

7つの習慣

(スティーブン・R.コヴィー) キング・ベアー出版 ¥2,039

★★★★★

ビジネス、というより人生のバイブルと言われている名著です。思わず背筋を伸ばしながら読んでしまいました。私自身、これまで、人間にとって理想的で普遍的な行動様式・思考方法というものが、果たして存在するのかどうか疑っていましたが、本書はまさにそれを体系的に説明した唯一の文書ではないかと思いました。

もちろん、本書に書いてあることを100%忠実に実行することが絶対的に正しいとは思いませんが、ヒントになる言葉であふれています。問題は、良い習慣をいかに習慣として身につけるかですが、難しいですね・・・。
◆こんな人におすすめ … 幸せになりたい、充実した生活をしたい全ての人。
◆効用 … 努力次第で、自分の理想のあり方を明確化でき、それに近づくことができる。
→ Amazonで詳しく見る
---------------------
★ 以下、読書メモ (2度目読了後、追記。2007/05/20)
◆パラダイムと原則について:
・「人格主義」に基づく「原則」(公正・誠実・勇気等の概念)が真の成功を
もたらす。「個性主義」(テクニック)は、長期的には成功しない。
・人の成長・人間関係は、「農場の法則」(自然の法則)=正しい順序が支配。
・「パラダイム(=地図)転換」が、大きな改善をもたらす。
パラダイムは、経験・思い込みに依存し、人によって異なる。
(強制収容所、闘病者の例)
・パラダイムを「原則」に基づいたものに転換する。
・「インサイド・アウト」:「内」=自分の人格・パラダイムを変える
⇒「外」での成功。
・「習慣」が行動を決め、人格を決める。習慣は強い引力がある。
習慣の形成には、知識・スキル・やる気が不可欠。
・7つの習慣による成長プロセス:
- 第1〜3の習慣:依存 ⇒ 自立 (私的成功・人格形成)
- 第4〜6の習慣:自立 ⇒ 相互依存(公的成功)
- 第7の習慣:再新再生・他の習慣を支える、継続的改善。
・7つの習慣の基盤パラダイム=
P/PCバランス: Performance / Performance Capability(資源)。
PC(資源=準備)を疎かにしない。P(成果)も必要。

○第一の習慣「主体性を発揮する」
・人間は<自覚・想像力・良心・自由意志>を持つため、「刺激」に対する
自分の「反応」を選択する自由を持つ。
・「反応的」な考え方・言葉を慎む。「主体的」に反応を選択する。
・「率先力」を発揮する。周りが動くのを待つのではなく、自分で何でもする。
・自分でコントロールできる「影響の輪」(not関心の輪)に集中して行動する。
⇒ 影響の輪が拡大する。
・自他に対する「約束」を実行する習慣をつけ、内的な誠実さを育成する。

○第二の習慣「目的を持って始める」
・人生の目的(価値観・方向性)を明確に。(自分の葬儀の弔辞を想像する)
・「マネジメント」(第二の創造)の前に「リーダーシップ」(第一の創造)。
・自分の価値観・目的を持ち、自分の脚本を書き換える(自己リーダーシップ)。
・「ミッション・ステートメント」(個人の憲法)⇒ 普遍の安定性と力を与える。
・生活の中心に置くものは「原則」(notお金・自己・仕事)
⇒ 安定性・方向性・知恵・力の源泉。
・「イメージトレーニング」で右脳活用。自分の役割ごとに目標を決める。

○第三の習慣「重要事項を優先する」
・成功者の共通点は「重要事項を優先する」こと。目的意識が感情をリードする。
・「第二領域」(非緊急/重要)に時間をかける。機会に集中し、予防的・創造的
活動を行う。⇒「第一領域」(緊急/重要)の問題をなくす。
・時間管理ツール:役割・目標の可視性とバランス、週単位、柔軟性、携帯性。
・週単位計画:役割定義→目標設定→スケジュール化→日々の対応。
・「人」の問題は、能率では解決不可。効果を重視。
・デレゲーション(人に仕事を任せる)で効果的なマネジメント=
(*1)5項目の事前合意:望む結果,制約事項,資源,評価基準・時期,賞罰。

◆相互依存のパラダイム:
・「信頼残高」の増加 → 安心感、失敗の補完、効果的なコミュニケーション。
・信頼残高の預入れには: 相手の重要事項を理解、小さな心遣い、約束を守る、
期待像の相違を無くす、誠実さを示す(その場にいない人に忠実に)、
信頼残高を引き出したら謝罪する。
・無条件の愛を示す→ 相手が自身の価値を感じ、成長を促す。
・相互依存関係での(Pの)問題の発生(→解決)=信頼残高(PC)を増やす機会。

○第四の習慣「Win-Winを考える」
・Win-Win:全く新しい第三の案を信じる。Win-Lose/Lose-Winは長期ではダメ。
・Win-Winに必要なもの:勇気と思いやりのバランス、信頼残高(相互理解)、
実行協定(デレゲーションの5項目(*1))、
・Win-Winを支えるには、システムが必要。(報酬、評価、社内での協力)
・Win-Winのプロセス:相手の関心・ニーズを考える。課題(not立場)に集中。

○第五の習慣「理解してから理解される」
・まず相手を深く理解して、初めて相手から理解してもらえる。
・テクニックではなく、信頼・人格がないと、相手から本音は聞けない。
・感情移入して聞くこと。相手の見地・パラダイムを理解。自叙伝を排除。
・傾聴・返答方法:相手の話を自分の言葉で言い換え+相手の感情に言及。
・効果的なプレゼン:自分が相手の立場・不安を理解していることを示す。

○第六の習慣「相乗効果を発揮する」
・相乗効果:全体の合計>各部分の和。オープンな態度、冒険的精神が必要。
・意見が異なる場合、双方のニーズの理解・話し合いで、第三案を一緒に探す。
・相違点を尊ぶ:知識・理解が向上。

○第七の習慣「刃を研ぐ」
・第二領域(重要/非緊急)・個人のPC。主体的にバランスよく毎日行なうこと。
・肉体:運動。有酸素系運動、ストレッチ(運動の前後)。体力・精神力が向上。
・精神:例:宗教・芸術・自然に触れる。人生の目的を意識、リフレッシュ。
・知性:定期的に優れた読書。書くこと・計画を立てること。
・社会・情緒:価値観・原則に忠実に生きる。奉仕をする。→内的安定・自尊心。
---------------------


|自己啓発・能力開発 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


|- | - | - |
Comment
Name:
Web URL(省略可):
Comments:
Trackback
Trackback URL: http://amzn.jugem.jp/trackback/11

※当記事へのリンクのあるトラックバックのみ受け付けております。