■注意■

当ブログは、こちらに引越しました:

http://amzn1.blog102.fc2.com/

みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|- | - | - |
←prev entry Top next entry→
「占星術殺人事件」(島田荘司)レビュー
トリックが秀逸で衝撃的という評判を聞いていたので、期待しながら読み進めました。なるほど確かに、よくできた巧妙なトリックでした。本書のメインのトリックについては、探偵役の御手洗潔が、ある会話からヒントを得て解決するわけですが、私も御手洗と全く同じ場面で同じタイミングでひらめきました。その後、頭の中で具体的なトリックの作業をイメージして、間違いないと確信しました。ある程度数学的な素養のある人なら解けるでしょう。私が読んだミステリーの中では、最高に、解決できて気持ちのいいトリックでした。

「なんだ、御手洗も、私と同程度なら大したことないな」と思いましたが、問題なのはその後でした。その10ページほど後に、作者から読者に「挑戦状」が書かれてあったのです。「私は読者に挑戦する」「一人でも多くの読者にこの謎を解いて欲しい」と・・・。でも、すでに解いてしまっていたので、非常に興ざめでした。さらに、少し話が進んだあとで「第二の挑戦状」まで出てきました。しつこい。

全体としては、長い話なのですが、非常に読みやすくて、途中から読むのをやめられなくなりました。西洋占星術には全く興味がないのですが、怪しさを際立たせる点ではよかったかと思います。石岡君があちこち奔走する場面は、全体の構成を考えると、やや冗長かと思いました。逆に、犯人について、動機や犯行後の人生などがもっと詳しく書かれると、より面白かったかと思います。御手洗の、大衆に対する批判的な発言が目立ちましたが、うなずけるものが多かったです。
→ Amazonで詳しく見る


|島田荘司 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト


|- | - | - |
Comment
Name:
Web URL(省略可):
Comments:
Trackback
Trackback URL: http://amzn.jugem.jp/trackback/109

※当記事へのリンクのあるトラックバックのみ受け付けております。