■注意■

当ブログは、こちらに引越しました:

http://amzn1.blog102.fc2.com/

みんなのブログポータル JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|- | - | - |
←prev entry Top next entry→
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(リリー・フランキー)レビュー
評価:
リリー・フランキー
扶桑社
¥ 1,300
(2005-06-28)
「泣ける本」として各所で評判になっており、私の知人も「これは泣ける。1人で部屋で読まないと」と言っていました。だから私も、泣けるのを楽しみに読んだのですが・・・。どこが泣けるポイントなのか最後までよく分かりませんでした。オカンが亡くなるところで泣けるのかなーと思ったけど、泣けませんでした。確かに、読んでいて一番辛い部分ではあったけれど…。そして、その次に、例えば、オカンの死後、オカンが残したものを見て、何か衝撃的な事実が発覚したりして泣けるのかなーと期待したけど、それもなかった。本書より泣ける本は他にもあると思ったし、きっと、著者にとっても、読者を泣かせるつもりで書いた小説ではないと思います。

私が本書で最も価値があると思ったことは、通常なら恥ずかしくて表に出しにくい話を、堂々と具体的に分かりやすく示していることです。学生時代の無気力な生活や、貧しく困窮した生活、近親者の病床での姿など、あそこまではなかなか書けないと思います。オカンへの強い思い入れ、誇りに思う気持ちがあるからこそ、そこまで書けるのだろうと思いました。本書を読むと、親孝行をどうするべきか、親が最期を迎えるときどうするべきか、など考えさせられます。

本書の中で一箇所、読んでいて、はっとした一節があります。
『・・・・・
自分だけのことで夢中になっていると、駆け抜けていようと転がり続けていようと、その時間は止まっているように感じる。自分しか見えず、自分の体内時計だけを見ていれば、世界の時間は動いていないのと同じだ。
しかし、ふと足を止めて周囲を見渡す余裕が一瞬でも持てた時、甚だ時間が経過していたことに気がつく。
自分ではなく、対象となるものに目を向けた時、どれだけ時間が止まっているように過ごした時でさえ、確実に日めくりはめくれていたのだということに気付く。
そして、その時にはなにかが手遅れになっていることに、もうひとつ気付く。
・・・・・』
自分のことばかり考えて周りが見えていない状態が続くと、何か取り返しのつかないことなる、ということは薄々感じていましたが、こう書かれると納得できます。

もう一つ本書で評価したい点は、この手の、昔の回想録のような小説には、恋愛が大きく扱われることが多いのですが、本書は恋愛に関する記述が少ない、というよりほとんど無かったことです。世の中には、もっと大事なことがたくさんある、ということをよく知らせてくれていると思います。
→ Amazonで詳しく見る

※関連商品:
映画版DVD「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
連続ドラマ版DVD-BOX「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」


|その他・国内男性作家 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト


|- | - | - |
Comment
Name:
Web URL(省略可):
Comments:
Trackback
Trackback URL: http://amzn.jugem.jp/trackback/101

※当記事へのリンクのあるトラックバックのみ受け付けております。
2007/09/16 10:21 PM posted by: カフェビショップ
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ / リリー・フランキー これってエッセイ?私小説? 文章の感じはエッセイっぽかったので、けっこう読みやすかったです。 章の始めに“五月にある人は言った。”とかかっこつけた文章が書いてあって、 その部分はまっ
2007/09/26 7:34 AM posted by: 本を読もう?U
読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に...
2007/10/03 7:36 AM posted by: ほなみのブログ
東京タワー東京タワー(''Tokyo Tower'')とは、東京都港区 (東京都)|港区芝公園四丁目にある赤色(正確にはオレンジ色|インターナショナルオレンジと呼ばれる)と白色を交互に配した塗装の集約電波塔である。配色の理由は、航空障害となり得る煙突や